顎変形症、あごえら・小顔矯正・性同一性障害の顔面輪郭、鼻整形、生まれつき・外傷後の顔面変形、睡眠時無呼吸症候群の形成美容外科専門治療: 東京警察病院 形成外科・美容外科

MENU

出っ歯・上顎前突症・ガミースマイル

  • HOME »
  • 出っ歯・上顎前突症・ガミースマイル

出っ歯・上顎前突症・ガミースマイル

上あごが出ている、口元が出ている(上顎前突、過蓋咬合)上あごに比べて下あごが小さい場合も多く、この場合、あご先や下あご全体が小さく見える「小顎症」です。

上正下小

横から見ると、下あごが小さくて、引っ込んで見えます。時に、眠っているときに呼吸が障害されやすく、睡眠時無呼吸症候群の症状が出ます。睡眠時無呼吸症候群の方には、特に手術先行方式による治療により、術前矯正治療が最小限にできますので、無呼吸症状の早期回復と顔面の形態の早期改善が大いに期待できます。治療方法治療方法は、顔全体の骨格を考慮した上で、なるべく好ましい顔の輪郭になるようなコンセプトで計画を立てております。

よくご提示させていただく治療方法を、頻度が一番多い順にご紹介いたします。

治療法1:上顎骨骨切り術で上あごの長さを短縮し、後ろに下げる

ただし、睡眠時無呼吸症候群の症状をお持ちの方は、治療方針に変更が生じる場合があります。小顎症の治療方法は、後の「小顎症」項目をご参照ください。

軽い「出っ歯」の症状だけであれば、歯科矯正治療だけで改善しますが、上あごの骨も前に出ている場合には、歯科矯正治療にあごの骨を移動させる治療を組み合わせなければ、いい顔のバランスは得られません。

上口唇が前に出ていたり、前歯が前に出ていたり、鼻の下が長い、噛んだ時に上あごと下あごの前歯の間にすきまが空いてしまう(開咬)、口が閉じない、笑ったときに下の歯が隠れていて見えない、などの症状です。 いわゆる、上あごが下あごより前に出ているため、「出っ歯」という症状が多いです。また、上あごの前歯が唇側に大きく傾いていたり、前に出過ぎでいる場合には、咬んでも前歯が下あごの前歯とかみ合わない「開咬」や「過蓋咬合」という状態になります。

顔全体のバランスの中で、上あごが大きく前に出ている場合の治療法です。上あごの短縮量と後ろに下げる量によって、上あごの骨切り術は、上顎骨分節骨切り術かルフォーⅠ型上顎骨骨切り術のどちらかの選択になります。上あごの骨切り術では、上口唇や鼻の形に影響が出やすいので、手術計画でこの辺を十分に検討いたします。あご先が引っ込んだ小顎症の場合には、おとがい骨切り術であご先を前に出す方法も併用して、顔全体のフェイスラインを改善します。

 

治療法2: 下顎骨矢状分割骨切り術で下あごを前に出す

顔全体のバランスの中で、上あごの位置には問題ないのに、下あごが小さく下がった位置にあるので、相対的に上あごが前に出ているように見える場合の治療法です。下あごが小さく、下がった位置にあるのが原因なので、下あごを下顎骨矢状分割骨切り術で、前に移動させます。しかし、あまり大きく下あごを前に動かすと、手術後に下あごが後ろに引っ張られて戻る「後戻り現象」や顎関節に負担がかかって吸収される現象が起こることがありますので注意が必要です。

 

治療法3: ルフォーⅠ型上顎骨骨切り術で上あごを後ろに下げつつ、下顎骨矢状分割骨切り術で下あごを前に出す

上あごまたは下あごどちらか一方だけの骨切り術だけでは、良い咬み合わせと良い顔のフェイスラインが得られない場合の治療法です。上あごと下あごをそれぞれ理想の位置に移動させることができるので、顎関節にも無理がかからず、手術後の後戻りも心配も少ない方法です。

小顎症の程度と強くあご先を前に出す必要がある場合には特に、おとがい形成術を追加しながらよい顔全体のフェイススラインが得られやすくなります。

 


お問い合わせは、形成外科・美容外科 外来受付まで TEL 03-5343-5611 午前9:00~16:00(日曜・祝祭日・年末年始は除く)

PAGETOP