顎変形症、あごえら・小顔矯正・性同一性障害の顔面輪郭、鼻整形、生まれつき・外傷後の顔面変形、睡眠時無呼吸症候群の形成美容外科専門治療: 東京警察病院 形成外科・美容外科

MENU

Vライン-あごエラ縮小術

  • HOME »
  • Vライン-あごエラ縮小術

Vラインー下あごのエラ(角部)・あご先(オトガイ部)の形を整える手術

 

この手術に向いている方

エラ張りが目立つ、あご先が広い、四角いホームベース型の顔、男らしいゴツゴツした顔、一方であご先が曲がっている、しゃくれている、あご先が引っ込んでいる、あご先が長い、あご先が短い、あご先が曲がっている、下あごの大きさが左右非対称、顔が大きくて小顔になりたい、既に他のクリニックででエラ削り手術を受けたがもっといい形の下あごにしたい、などでお悩みの方がご希望される手術です。

Vラインーあごエラ矯正、輪郭形成手術の症例はこちら

 

K式の下あご形成手術

エラ張りを気にされておられる方の多くは、下あご全体がしっかりと発達されていることに原因がありますので、エラだけではなくあご先の形も同時に整える必要があります。

一般的なエラ削り手術は、目立っているエラだけを削ったり、切除したりするだけですので、正面からの手術効果を実感しにくいという欠点ありました。気にしているエラだけを切除して手術後に、エラがなくなってしまい自然なフェイスラインぼやけてしまったり、かえってあご先の幅広いのが残って目立ってしまって悩まれる方もいらっしゃいます。

K式のフェイスライン形成手術は、ご希望のフェイスラインに近づけるために、エラからあご先にかけての曲線的なきれいなラインと顔を横から見た時の理想的なあご先の位置を常に意識し、下あご全体のバランスを最大限に考慮した手術を計画いたします。

この一連の手術の中には、いわゆる下顎角部形成術、下顎骨外板切除術、Vライン形成術、オトガイ形成術などの術式がオールインワンで含まれております。

手術計画で大切なのは、手術後の下顎の骨の形が、元々の皮膚・皮膚皮下組織と調和しなければ、きれいなフェイスラインを作ることができないということです。「エラ」、「あご先」といった小さな部分での改善だけでなく、顔面の皮膚、表情筋、骨の全体の手術を専門とする美容外科・形成外科専門医としての観点から、手術後の下あごの形が顔全体との調和の中で、最大限に魅力的になるように、ご希望を伺いながら手術前に十分に相談させた頂いたうえで、手術を行います。

もちろん、エラはそんなに張っていないのにあご先が丸い、幅広くて目立つという方には、ミニVライン形成術で、あご先だけを自然に小さくする計画もいたします。

下あごのエラ張りやあご先が広くて目立つ方は、顔の骨がよく発達されておりますので、後に述べるほほ骨も発達して突出して目立っていることが多く、ほほ骨の形を整える手術を行うことでよりシャープなフェイスラインと一層の小顔効果が得られます。ほほ骨の手術はご希望に応じて、下あごの手術と同時に行うこともできますし、後日、気になるようでしたら相談されても結構です。

 

手術方法

手術は、麻酔科専門医による全身麻酔法で安全に行われます。

手術は、全て口の中の切開から行いますので、手術後に顔に傷が残ることはありません。下あごの骨は、エラ張りの原因の角部からあご先にかけてきれいな曲線的なフェイスラインになるように切除されます。この際、下口唇の知覚神経(オトガイ神経)を保護しながら行います。また、あご先を小さくして理想の位置に前後させる必要があれば、そのように骨を切除し、固定いたします。(Vライン形成術、オトガイ形成術)

通常、骨の固定は、術用金属ワイヤやプレートで行われます。ご希望の方は、レントゲンで映らない吸収性のプレートで固定いたしますし、骨癒合が得られた手術後6カ月以降であれば、ワイヤやプレートの抜去は可能です。

 

手術後のケア

顔の骨の手術では、手術後のスムーズな回復のために、手術後のケアが重要となります。

顔の骨を切る手術は、手術後に骨を切った場所から血がにじんで腫れてくる可能性がありますし、手術後の顔の腫れを最小限にするために包帯にて圧迫固定が必要となります。したがいまして、手術後1,2日間は入院していただいて、これらに対して十分にケアさせていただき、安全かつスムーズな術後回復に最大限努めております。

手術後3日間は軟らかい食事を召し上がっていただき、それ以降は少しずつ普通の食事に戻していただきます。

手術後4日以降は、はれも徐々に引いてきますので、日常生活もこの辺りからだんだん問題なく送れるようになってきます。

手術中、下口唇の知覚神経を保護した関係で、手術後に一過性に下口唇の知覚が鈍くなりますが、徐々に改善してきます。歯科で歯の治療の際に麻酔されたような感じです。通常、3-6カ月程度で回復します。

手術後1カ月以降は腫れが落ち着いて、前から見ても横から見てもすっきりとした新しいフェイスライン、小顔効果が出てきます。


お問い合わせは、形成外科・美容外科 外来受付まで TEL 03-5343-5611 午前9:00~16:00(日曜・祝祭日・年末年始は除く)

PAGETOP