ケガの後遺症による顔面変形・かみ合わせの治療:陳旧性下顎骨・下顎関節突起骨折

陳旧性下顎骨骨折 の手術先行方式による外科矯正治療

陳旧性下顎骨・下顎関節突起骨折は、ケガをしてから3週間以上、骨折の治療が遅れたり、顎間固定だけの治療や手術治療がなされても十分な治療が難しかった場合に生じます。

主な症状は、かみ合わせが横にずれたり(交叉咬合)、滑舌が悪くなったり、口を開けると口が曲がって開いたり、顔が曲がって見えるような顔面変形などです。

手術は、外科矯正手術が必要になりますが、特に、骨折でかみ合わせが横にずれている(交叉咬合)場合には、手術先行方式(サージャヤリ―ファーストアプローチ:SFOA)の適応には十分な術前計画が必要になります。

患者さんのご希望の手術時期にできるだけ合わせての術前歯科矯正治療が必要になる場合がありますが、まずは早急にお悩みの顔の変形を改善し、術後に歯科矯正治療を継続し、できるだけ短期間で治療全体を終了する努力をしております。

忙しい学生・社会人の方にも就職・転職・結婚などのライフイベントに合わせた、治療の機会をご提供いたします。

陳旧性下顎骨・下顎関節突起骨折の手術先行方式の外科矯正治療の症例・詳細はこちら

 

まだまだ、構築途中のサイトですが、実際に日々治療させていただいている立場から、皆様にお役に立てる内容を目指しております。

訪れていただいたからには、少しでもお役に立てるように、手術の合間に少しずつですが、項目を追加して参ります。

#下顎骨骨折 #下顎骨関節突起骨折 #顔面非対称 #交叉咬合 #手術先行方式 #サージャヤリ―ファーストアプローチ #SFOA #歯科矯正治療 #顔面骨骨折 #後遺症 #陳旧性