顎変形症、あごえら・小顔矯正・性同一性障害の顔面輪郭、鼻整形、生まれつき・外傷後の顔面変形、睡眠時無呼吸症候群の形成美容外科専門治療: 東京警察病院 形成外科・美容外科

MENU

顎変形症に対する手術先行治療(サージャリ―ファースト)の利点

  • HOME »
  • 顎変形症に対する手術先行治療(サージャリ―ファースト)の利点

顎変形症に対する手術先行治療(サージャリ―ファースト)の利点

東京警察病院式(K式) 顎変形症に対する外科矯正手術・輪郭形成手術の特徴

歯科矯正治療を併用して咬み合わせを変えながら行う輪郭形成手術には、受け口(しゃくれあご)、上下のあごの突出(笑うと歯ぐきが露出する)、顔の非対称などの顎変形症や生まれつきの顔の変形(唇顎口蓋裂、小耳症、第1第2さいきゅう症候群など)に対して行う外科矯正手術、小顔形成手術、女性顔手術などがあります。 顎変形症の程度が大きく、外科矯正手術も必要になる場合は、歯科矯正治療と外科矯正手術(外来と入院治療を含む全体)を、健康保険を使って治療を行うことができます。顎変形症と診断されても、歯科矯正治療のみの場合には、健康保険は使えません。 健康保険を使って外科矯正治療できる顎変形症には、

 ○上顎前突症(出っ歯、ガミースマイル)

 ○下顎前突症(受け口、しゃくれ)

 ○上下顎前突症(上下の口もとが突出している)

 ○開咬症(上下の前歯同士がかみ合わあわず隙間ができている)

 ○顔面非対称(上下顎非対称・下顎非対称)

 ○下顎後退症(小顎症、睡眠時無呼吸症を伴う場合もある)があります。

 また、生まれつきの病気(口唇口蓋裂、第一第二鰓弓症候群、小耳症など)の思春期以降の顔面変形など、これら以外にも非常に多くのかみ合わせが関係する顔面変形の治療に対して、健康保険を使った外科矯正治療を行うことができます。 一方、小顔形成手術、女性顔手術の場合は、健康保険が使えない美容外科治療になります。 外科矯正手術は、上あごと下あごの形とお互いの位置関係が悪いために、歯並びや咬み合わせも悪くなり、顔面の輪郭に悪い影響を及ぼしている方が対象となります。また、上あごや下あご大きく手術には、歯科矯正治療も必ず併用されますので、治療終了時には歯並びの改善はもちろんのこと望ましい顔面の輪郭・フェイスラインに変化いたします。 ご提供する外科矯正手術による治療の最優先事項は、手術を受けられる方の悩みをまず解決することです。すなわち、まずは、お悩みの顔の形を手術によって好ましい形に改善した後に、残った歯並びを歯科矯正治療で治していくという「手術先行方式」(サージャリーファースト:Surgery-Firstアプローチ)をとっています。

「手術先行方式」(サージャリーファースト:Surgery-Firstアプローチ)による顎変形症の治療はこちら

この方式ですと、ご希望の時期に合わせて手術を選択できますし、いち早く顔の形の改善が得られます。通常の手術先行方式では、手術前の歯科矯正治療を行わないか行っても最小限の治療しか行いません。 手術後の歯科矯正治療は、手術後には歯が動かしやすくなる現象(Regional Acceleratory Phenomenon)をうまく利用して、一期に効率的に歯を矯正していくことができますので、6カ月~1年以内に終了します。 従いまして、全体の治療期間は、これまでの治療方法と比べて1年前後と劇的に短縮が可能となっています。ただし、この方法は正確な手術技術と高度な歯科矯正治療技術が必要となるため、まだ普及していない方法ですが、この手術を希望される多くの方が望まれている顔の形の改善を短期間で効率的に得られる方法ですので、当院ではすでに過去20年間、この方法で手術を行っております。 日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌 31(1):1-12 2015に「顎変形症に対する整容と機能を追及した Surgery-First アプローチに基づく治療」と題した、私たちの行っている顎変形症に対する外科矯正治療法の論文(PDFファイルはこちらをどうぞ:日本頭蓋顎顔面外科学会雑誌 Surgery-First)が掲載されましたので、是非ご参照いただければ幸いです。   手術先行方法 現在、ほとんどの病院、クリニックで行われている歯科矯正治療を併用した輪郭矯正手術は、「歯科矯正先行方式」(Orthodontic-First)で治療を行っています。 この方式では、まず2-3年かけて術前歯科矯正治療を行った後に、手術を行い、顔の骨を移動させ、さらに1年ほどかけて術後矯正治療を行いますので、全体の治療期間は3-4年かかってしまいます。 この方法は、手術後にすぐに安定した咬み合わせ関係が得られるように手術前に2,3年かけて歯科矯正治療を行いますので、外科医側も歯科矯正医のどちらも安心して治療できるメリットがありますが、治療を受けられる方にとっては、治療期間が長期間におよび、顔の形態の改善まで数年待つ必要があるため、デメリットが大きい治療とも言えます。 従来法 咬み合わせを変える外科矯正・輪郭形成手術の場合、こちらで提示させて頂いた手術計画が歯科矯正治療を行う上で問題ないかどうかを、提携する矯正歯科を受診して頂き、相談させて頂きます。矯正歯科では、実際に歯型を作成し、矯正治療の観点から、最善の治療方法をご提示いたします。 この手術をご希望の方がお困りの症状には多くの症状がありますが、典型的なお困りの症状とその治療法について後のページでそれぞれご説明いたします。  

手術先行方式(サージャリーファースト:Surgery-Firstアプローチ)による外科矯正手術・輪郭形成手術

最近では(2008年頃)、このような時間のかかる術前矯正をなるべくしないでできるだけ早く外科矯正手術をして、まず顔の形を改善してしまおうという治療法が「手術先行方式(サージャリーファースト:Surgery-Firstアプローチ」という方法としてようやく提唱されてきております。 術前矯正期間を短くするということは、外科矯正手術後に、咬み合わせがまだ不安定な状態となり、矯正治療が困難になることを意味します。従って「手術先行方式(サージャリーファースト:Surgery-Firstアプローチ」法による治療結果は、矯正医の経験と技術にも大いに依存する方法でありますし、普及するにはまだまだ時間を要するため、外科医・矯正医なら誰でも採用できる方法ではありません。 当院での外科矯正手術の歯科矯正治療を、過去20年来行っている赤坂まつの矯正歯科(院長:松野功先生)では、この様な術前矯正期間をできるだけ短くした外科矯正手術の矯正治療を数多く経験されておりますので、安定した治療実績をあげております。また、代官山矯正歯科(院長:奥田薫之先生)でも同様に当院での外科矯正手術の矯正治療をおこなっております。 例えば、通常の矯正歯科と口腔外科で行なわれる受け口(反対咬合・下顎前突)の治療では、術前矯正期間が1年から3年ほどあります。この術前矯正期間の間、受け口特有の下あごが出た感じは増強され、咬み合わせはますます悪くなります。つまり、受け口の顔の治療をするのに、術前矯正期間には、どんどんと受け口顔が悪化してしまうのです。顔の治療を専門にする形成外科・美容外科でこのようなことがあってはならないので、当院では、術前矯正は必要最小限行えばいいという考えのもと、術前矯正をしない、あるいはしても最小限しか行わないことに20年前から成功しており、現在ではほぼすべての外科矯正手術において、この方法で治療を行っております。

手術先行方法  

「手術先行方式」(サージャリーファースト:Surgery-Firstアプローチ)による顎変形症の治療はこちら


お問い合わせは、形成外科・美容外科 外来受付まで TEL 03-5343-5611 午前9:00~16:00(日曜・祝祭日・年末年始は除く)

PAGETOP