顎変形症、あごえら・小顔矯正・性同一性障害の顔面輪郭、鼻整形、生まれつき・外傷後の顔面変形、睡眠時無呼吸症候群の形成美容外科専門治療: 東京警察病院 形成外科・美容外科

MENU

鼻の腫れ、内出血、傷あとはどれくらいですか?

  • HOME »
  • 鼻の腫れ、内出血、傷あとはどれくらいですか?

腫れのピークは、術後3日目です。それ以降、少しずつ引いていきます。約2週間で落ち着きますが、ややまだ少しむくんだ感じです。完全に落ち着くのは、3カ月以降です。

内出血は、鼻骨骨切りをした場合に特に見られます。術後3日目ぐらいから赤紫でピークとなりその後10日ぐらいで徐々に目立たなくなります。

傷あとで、鼻の中の傷は見えませんし、鼻翼縮小術後の鼻翼やオープンアプローチで行った場合にできる鼻柱の傷あとは、2,3カ月やや赤いですがその後薄れて目立たなくなります。後鼻は、3カ月程度固い感じがありますが、その後徐々に軟らかくなってきます。


お問い合わせは、形成外科・美容外科 外来受付まで TEL 03-5343-5611 午前9:00~16:00(日曜・祝祭日・年末年始は除く)

PAGETOP